【Cambly先生の選び方】〜英語初心者必見!〜

CAMBLY
スポンサーリンク

この記事ではオンライン英会話の【Cambly(キャンブリー)】の先生の選び方を英語系インフルエンサー(総フォロワー100,000以上)の僕が初心者でも自分に合った先生を選べるようにわかりやすく説明したいと思います!

実際に、僕もCamblyユーザーなのでかなり信頼性は高いと思います!

英語が早すぎて聞き取れない。

難しい英単語を使われる。

アクセント(訛り)が強すぎる。

とCamblyを始めてみたけど、なかなか先生との相性が合わずに心が折れかけているあなたに、どうやって初心者にあった先生を選んだらいいのか選び方をご紹介していきたいと思います。

最初に一度良い先生を数人見つけられたら、あとはその先生をリピートするだけなのでストレスフリーでオンライン英会話を受けられます。

もし、毎回先生探しで時間がかかっている人はぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

講師をキーワードで探す

Camblyには先生を以下のようなキーワードで検索できる検索機能があります!

すごく便利そうですね!!

と思わわれる方もいると思いますが、その通り便利です!

レッスンに求める内容にチェックを入れるとそれにあった先生を簡単に見つけてくれます!

・Camblyコース(Cambly独自の教材を使用)
・学習レベル(初心者・中級・上級)
・講師のアクセント(北米・英国・オーストラリア・その他)
・講師の人柄(親切で我慢強い・楽しくて社交的・学問的で知識豊富)
・予約可能 (自分の希望時間に空いている先生)

な〜んだ。じゃあ、それで早速やってみるね!

すなお
すなお

ちょっと待った!

この機能、確かに便利なんですが、これではなかなか初心者にあった先生が見つからないんです。。

というのも、「ネイティブ」と一括りに言っても

・アクセントの違い
・喋る早さの違い
・声の低さの違い
・教え方の違い
・性格の違い

などなど当たり前のように人それぞれ違いがあります。

そのため、このフィルターだけでは良い先生を選ぶには情報が不十分なんです。

そこで、ここからはその不十分な部分をしっかり補い、初心者の方でもCambly上で自分に合った先生を見つけられるように手順を紹介していきます。

検索画面

初心者に✅を入れる

まずは、「初心者」にチェックを入れよう!

理由は、何にもチェックを入れていないと現在オンラインですぐにレッスンを受けられる先生たちが出てきます。

つまり、現在レッスンをしていなくて手が空いている先生が出てきます。

全てのオンラインの先生が悪い!というわけではないのですが、良い先生は人気だから基本スケジュールが埋まり気味でランダムな授業はあまりやっていないことが多いんです。

だから、急ぎでなければオンライン状態先生を選ぶのは避けたほうがいいです!

「初心者」にチェックを入れると「すべて」の項目が出てくるので、この中から先生を探していきます!

アクセントを選ぼう !

初心者の方はあまり気にしなくて良いと思いますが、自分が学びたいアクセントがある人はそのアクセントにチェックを入れよう!

☆レビューは4.9~5.0を基準にしよう

☆レビューは、他の生徒さんがそれぞれの先生を五段階で評価したものです。

人によって先生の合う合わないはどうしても出てくるので、100%信頼できるわけではないのですが、先生を選ぶ上での一つの基準にはなります!

ここでやって頂きたいことは、

☆が4.9~5.0の先生を選んでください!

というと

そんなに評価が高い先生なんてそうそういないんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、

結構います。笑

先ほど、言った通り100%信頼できるわけではないのですが、一つの選定基準としては十分使えます!

スーパー講師を選ぼう!

☆4.9~5.0の先生を選んだら、さらに「スーパー講師」の表示がされている先生を選ぼう!

スーパー講師は

レーティングが 4.9 以上、かつ数多く(何百回)にわたり高い評価を受け取っている講師のみに表示されます。

つまり、スーパー講師を選べば高確率でいい先生に教えてもらえます!

チャット数・教員資格をみよう!

スーパー講師を選べば、大体は問題ないのですが、念のため先生のチャット数・教員資格も見ます。

Camblyでは以下のように、生徒とのチャット数が多い人と教員資格を持っている先生はステータスとして表示されています。

チャット数が多い→Camblyでの経験が長い、生徒に丁寧に返信を返している
教員資格を持っている→教え方が上手い

スーパー講師の先生は大体両方とも表示されている場合が多いので、さほど心配は入りませんが念のため確認しましょう!

自己紹介画面

ここまでの手順で自分に合いそうな先生の目処がたったら、その先生個人のページを見ていこう!

自己紹介動画をよく観よう!

ここが一番大事なパートになります!

レビューはあくまでも他の生徒さんの評価です。

一番大事なのは、その先生が自分に合っているかどうかが大切です。レッスン前にその確認が一番できるのがこの自己紹介動画を観ることです。

イメージ

観るときは注意点は以下、三点です。

・笑顔で話しているか
・ゆっくり話しているか
・わかりやすい(簡単な)単語で話しているか

笑顔で話しているか

別に自己紹介くらい笑顔じゃなくても良くない?

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ここかなり重要なポイントです。

なぜならば、プロフィールの写真はみんな自分の一番よく写っている写真を選ぶので、大体全員すごく笑顔なんです。

そのイメージを持って、いざレッスンを受けてみると、

ずっとムスっとしていて怖い〜

なんてことが多発します。

僕の経験上、動画で笑顔でない先生はレッスンでも大体無表情です。また、レッスンもあまり楽しくありません

一方、動画が笑顔で話している先生はレッスンの時も笑顔で、レッスンの内容も工夫されていて楽しいことが多いです

そのため、自己紹介動画では笑顔で楽しそうに話しているかをよく確認してください!

ゆっくり話しているか

英語学習初心者にとってネイティブの普通の速度の会話はめちゃくちゃ速いです。

やめてくれよ〜

となってしまうレベルです。

そんなことは分かっているはずなのに何回

Can you speak slowly?「ゆっくり喋ってくれませんか?」

と言っても普通の会話の速度が染み込んでいて、最初は直してくれてもすぐに早くなっていってしまう先生がいます。

そのため、自己紹介動画でゆっくり話してくれているかどうか、自分が理解できるスピードで話してくれているかどうか確認しましょう!

わかりやすい英語で話してくれているか

英語にも日本語と同じように意味が同じでも、違う表現がたくさんあります。

例:

Can I take a rain check?

直訳すると「雨のチケットをもらえますか?」となりますが、本当の意味は「またの機会でもいい?」とイベントなどを延期したい時に使います。

初心者に教え慣れている先生はなるべくわかりやすいワードを選んで喋ってくれます。

Can I change the schedule?「スケジュール変更してもいい?」

なので、自己紹介動画の中で自分がしっかりと話している内容を理解できているか・ワードチョイスを確認して、先生を選んでいきましょう!

大体の雰囲気やレッスンの進め方は自己紹介動画でわかるのですが、さらにもう少しレッスンを受ける前にこの先生について知りたい!という方は以下のプロフィール欄も確認しておきましょう!

プロフィール欄を充実させているということはそれだけCamblyに注力してやっているということなので、詳しく書いてくれている先生ほどいい先生である傾向が強いです!

個人的には自己紹介動画の重要度が高いので(百聞は一見に如かずといいますが、動画から得られる情報は本当に多いんです!)、ここの欄は参考程度に見ています。

指導スタイル

各先生毎にどんな方法で教えてくれるのかを記載してくれています。

詳しく書いてくれている先生は

・使う教材
・レッスンの進め方(レベル見極め・目標確認・目標達成方法)
・どんなレッスンスタイルか(会話重視・教材重視・発音矯正・文法学習等)

などを記載してくれています。

レッスンの進め方は生徒の目標やレベルによって大きく変わるので、一概にこの内容だけを見て先生を決めるのは難しいですが、勉強したい内容やどんなレッスンを受けたいか明確に決まっている人は確認しておくのがオススメです!

勉強したい内容をキーワード検索するといいですね!

例:prionuciation「発音」,vocabulary「単語」,conversational skills「会話スキル」,grammer「文法」等

書いてない先生も多いので、書いていない先生が悪い先生というわけではないので、あくまで参考程度に見て貰えばいいと思います。

自己紹介

ここには先生の

・出身地
・経歴
・趣味
・得意な教え方

などが書かれています。大体ここの内容は自己紹介動画でも話してくれている先生が多いのですが、一点ここの欄で確認して欲しいことがあります。

それは、こういった記載がないかよく確認して下さい。

NO KIDS UNDER ○○ PLEASE  「○○歳以下のお子様はお控えください。」
NO BEGINNERS  「初心者はお控えください。」

先生の中には子供や初心者へのレッスンを得意としていない先生もいます。そういった先生は、上のような記載をしているので、見逃さないようにしましょう!

指導スタイルに記載する先生もいます。

言語

こちらは、先生が話すことのできる言語の記載があります。

検索欄に“日本語”と記載すると、日本語を話せるネイティブの先生が出てきますので英語だけの会話に不安のある人は試してみてください。

職務経歴・学歴

こちらの欄では先生の職歴や学歴を見ることができます。

自分のオンライン英会話の用途によって、以下のような記載があるか確認をすることができます。

経験豊富な英語の先生に教えてもらいたい。→English Teacher(Tutor)
ビジネス英語を学びたい→Entrepreneur, Business Owner

ただ、多くの先生は「自己紹介」の欄に上記のような経歴を記載をしている先生が多いので、確認の優先順位としては「自己紹介」→「職務経歴・学歴」で大丈夫です!

スケジュール

よし!いい先生を見つけた!

と思っても先生のスケジュールが空いていないということがよくあります。。

そのため、こちらのスケジュール欄はいい!と思った先生がいたら先にチェックをしておいて、空いていたら予約してしまいましょう。

先生のプロフィールを隈なく確認して

この先生しかいない!完璧じゃん!

と思って、予約できなかった時の絶望感は計り知れません。。。

注目のレビュー

いくつか他受講者のレビューが表示されていますが、詳細なレビューではないので、軽く目を通すだけで良いかと思います。

注目のバッジ

Camblyでは気に入った先生がいたら、その人への良かった点“compliment”をレビューとして残すことができます。

その“compliment”をあるカテゴリーでたくさん獲得すると、バッジを獲得できるんです!

なので、この注目のバッジ欄を見ることでその先生がどんな点で優れている先生なのかを判断することできます。

ザックリとした人柄や教え方などを判断するにはとても便利な指標なので、ぜひ活用してください!

その他やってみて欲しいこと

ここまでで確認したいただければ、おそらく先生の選び方は全く問題ないのですが、

それでも

なんかピンと来る先生がいません。

という初心者さんが稀に現れます。

そんな時は、以下を試してみてください!

中年女性の先生を選ぶ

Camblyには元々英語の先生をやっていました!という経験豊富な先生も多く在籍しています。

そんな中でなぜ、中年女性の先生を選ぶのかというと、経験豊富な先生は40代以上の方が多いからです。

また、女性である理由は相対的に女性の先生の方が喋るのがゆっくりで発音も明確で聞き取りやすい人が多いからです。

また、男性の先生は声が低く聞き取りにくい傾向にあるということもあります。

あくまで、「相対的に見たら」ですので、若くて・男性でいい先生もたくさんいますが、選択肢が多すぎると混乱してしまうと思いますので、本当に困ったら一つの指標にしてみてください!

メッセージを送ってみよう

オンライン英会話を始める方の多くのお悩みが

初心者でも大丈夫かな?。。

上手に話せないかもだけど。。。

という人が多いのではないでしょうか?

そんな人向けにCamblyには先生に事前にメッセージを気軽に送れる機能があります。

その機能を使って以下のように実際に先生に聞いてみましょう!

               I'm a beginner at English.Can I take your lesson?
          「私は英語初心者です。あなたのレッスンを受けてでも大丈夫ですか?」
すなお
すなお

Hello. Nice to meet you. I’m 〇〇.

「こんにちは。初めまして。私は〇〇です。」

の挨拶も冒頭につけよう!

この質問に対して、

Of course! I have a lot of students who are beginners.

「もちろん!私にはたくさんの初心者の生徒がいるわ。」

のようにすごく前向きな返事が返ってきたら、初心者に教えるのを得意としている先生なのでレッスンを受けてみるといいですね!

まとめ

オンライン英会話での先生選びは大変ですが、いい先生が見つかればあとはリピートしていけますし、自分の上達もどんどん感じられるようになります。

ぜひ、最初の壁を乗り越え皆さんの英語学習のためになる良い出会いを見つけてください!

まだ、Camblyを始めていない人は僕のクーポンを使ってもらうとよりお得に試せます!

【Cambly(キャンブリー)】
2回レッスン無料(15分×2回)クーポンコード:sunao

この記事で少しでも皆さんの英語学習のお手伝いができたら嬉しいです。

That’s it!

コメント

  1. […] Camblyでの先生の選び方は、【Cambly先生の選び方】〜英語初心者必見!〜の記事も参考にしてみてください。 […]